わんにゃん日記

チョコちゃんの闘病記 6

掲載日 : 2016-12-06

さて 20日目を過ぎるとやっと 入院生活にも
慣れてきたのか  ササミに缶フードを混ぜたものを
自分で食べてくれるようになりました

あとは 傷の管理だけなので 通院治療でも大丈夫だと判断し
8月8日に 退院としました

あと一番心配だった 前肢ですが 最初に切断した第2指のとなりの
やはり骨折していた第3指も脱落してしまいました

ただ この指がなくなったことが 傷の治りにはよかったようで
その後は 順調に回復し 3週目に入るころには 肢端部は
ほぼ閉鎖して 一部に皮膚の潰瘍を残すだけになりました

ただ このころからチョコちゃんは後肢の傷が気になるのか
しきりに舐めたがるようになってきました

ダックスは 胴が長いので エリザベスカラーを付けていても
体を丸めると 後肢に口が届いてしまうんです
通院するたびに 包帯やネットが破れたり外れたりています

そこでエリザベスカラーを1サイズ大きなものに取り換えたり
ヒッポカラーという首にドーナツ状の ちょうど浮き輪のようなものを
つけて首が後ろに回らないようにする器具にかえたりと
いろいろ試行錯誤が始まりました

それでも とうとう 傷にあてていたスポンジ状のドレッシング材料を
食べてしまいました。。。。それも けっこうたくさん

ちゃんと 便の中に出てくるか
また しばらくは心配の日々です......つづく

▲このページの上へ