わんにゃん日記

チョコちゃんの闘病記 4

掲載日 : 2016-11-18

さて 手術は無事に終わりました。
幸いにも 腹腔内や胸腔内には何も損傷がなかったので
麻酔からの覚醒もスムーズで一晩 ICUで過ごしましたが
翌朝には一般犬舎へ移ることができました。

これからは 毎日傷の処置をしながら はがれていた皮膚が
どれくらい生き残ってくれるか そして後肢の切断端と
前肢のパッドがどうなるか 見守るしかありません。

術後3日間は麻薬系の鎮痛剤を使っているので、あまり痛がる
そぶりもなく かなり強力な抗生物質治療も行っているので 
化膿の兆候もなくいまのところは順調に回復しているように見えました。

しかし、チョコちゃんはなかなか食事を食べてくれません。
傷の回復のためにも ちゃんと栄養をとってほしいのですが
病院の食事は気に入らないのか 匂いをかぐだけで
プイッ と横を向いてしまいます

そこで 仕方なく高栄養の流動食を 注射器で口に入れて
(無理やり)食べさせてあげることにしました

チョコちゃん。。。なかなか頑固です
・・・・・・つづく

▲このページの上へ